ダイエットの大敵!太る食べ物は美味しいものだった

 

お腹が空いて何か食べたい時ってありますよね。
 
ダイエットを気にしていると、どんなものを食べると太るのか気になりませんか?
 
なんとなく、太りやすい食べ物について、知ってはいるけど、詳しくは分からないというあなたに向けて、太りやすい食べ物とその理由をご紹介します。

 

 太りやすい食べ物の特徴

太りやすい食べ物・・・
それは、ずばり カロリーの高い食べ物と沢山食べられるものです。
 
■カロリーの高いもの
カロリーが高い食べ物は、油が多く使用されているものがあげられます。
 
人に必要な三大栄養素には、炭水化物・たんぱく質・脂質がありますが、脂質に分類される油類は、少しの使用でもカロリーが高くなります。
 
■たくさん食べられるもの
沢山食べられるものの代表は、お米だと思います。
お米は炭水化物です。
「唐揚げとご飯」「生姜焼きとご飯」など、何か味の濃いものと一緒に食べることが多く、つい食べ過ぎてしまう傾向になります。
 
カロリーが高くて、沢山食べられるもの誘惑は、外食時のメニューだけでなく、家の中にも溢れています。
 
これを食べると太る食品の代表を集めてみました。
 
あなたの大好きなものが含まれていませんか?
 

 これを食べると太る!代表7食品

・パン類

img04
手軽に食べられるので、朝食や昼食に食べる方も多いと思います。
菓子パンだけでなくパン類は小麦粉が使用されていて、バターや砂糖がたっぷりと入っているものがほとんどです。
カロリー表示を見たことがありますか?
糖質に脂質としっかりと含まれいるパン類は、ほとんどのパンが400カロリー前後多いものは700カロリーを超えています。
 
・スナック菓子

img07
何処でも売っていて、簡単に手に入るスナック菓子。
ダイエットの敵とは言われなくても分かっているのに手が伸びてしまう。
中でもポテトチップスはどんな食べ物の中でも最速に太る食べ物なんです。
原料のポテトは糖質、揚げてあるので脂質と太るための食べ物なんですね。
 
・ファストフード

img06
ハンバーガーやフライドポテトなど、サッと食べれて満腹になるので、特に若者の人気の食べ物です。
しかしよく考えてみると。ハンバーガーはパンですので脂質がメインになります。
フライドポテトは油で揚げてあり、Mサイズの量で400カロリーほどあるんです。
ファストフードは脂質が多く、栄養価はほとんどない高カロリーの食べ物なんです。
塩分も多めなので、むくみの原因にもなります。
 
・洋菓子

img05
ダイエットを考えると、洋菓子のような甘いものは、基本的に避けるようになりますが、なぜ洋菓子が太る食べ物になるのでしょうか?
お菓子を作る場合、小麦粉・砂糖・バターとたっぷりと使用します。
脂質に糖分、中にはドーナッツのように油で揚げてあるものもあります。
砂糖には常習性があるので、ちょっとだけ、今日だけ、とついつい食べてしまう傾向にもありますので、ダイエット中には口にしないほうがいい食べ物でしょう。
 
・清涼飲料水

img03
清涼飲料水の原材料を見たことがありますか?
そこには、果糖ブドウ糖液糖と糖が3つも連なる文字があると思います。
この場合飲料水とありますが、砂糖水となります。
お水なら良い?紅茶なら良い?と思うところですが、お水でも果物などの味付けがされているものは糖分が入っていますので、糖質がたっぷりの飲みものです。
 
・揚げ物

img02
唐揚げやとんかつなど食欲をそそられますよね。
衣に小麦粉やパン粉などを使用して、それをたっぷりの油で揚げていますので、糖質と脂質のダブルパンチになります。
天丼やかつ丼と言った丼物だと、手軽に食べられるので、早食いになったり、食べ過ぎてしまう事になります。
お米も糖質なので、確実に太る食べ物代表ですね。
 
・ラーメン

img01
飲み会の〆にラーメンという話を良く聞きます。
ラーメンの麺は炭水化物で、もっとも太りやすい食べ物と言われています。
一般的な醤油ラーメンのカロリーは500カロリー前後ですが、トッピングのチャーシューを増やしたり背油たっぷりなどの場合は1000カロリーを越えて来る場合も・・・
ラーメンと一緒に、チャーハンや餃子を食べると、一日に必要なカロリーをはるかに超えてしまいますね。
どうしても脂質だけでなく、塩分も多くなるので、太るだけでなく、むくみの原因にもあります。

 

 太る食べ物をどうしても食べたい衝動かられる時

本当にその食欲は空腹から来ているのか?もう一度考えてみましょう。
 
ただ単に、寂しいからとか暇だからではないですか?
もしかして、今日学校や職場で嫌なことがありませんでしたか?
 
まずダイエット中は、上記の太る原因になる食べ物を家に買い置きしておくのはやめましょう。
 
そうすれば、家にいる時、食べたい衝動にかられても、手元にないので食べることがありません。
それでもやっぱりどうしてもお腹が空いて困る時があると思います。
 
そんな時の為に、代替えになる事を見つけておくとダイエット中に非常に助かりますよ。
 
おすすめは、歯を磨くです。
歯を磨くと、食べてはいけないという感覚になりますし、せっかく磨いたので、口の中を汚したくないと思うものです。
 
短時間に何度も歯を磨くと、歯茎を傷つけてしまったり、必要以上に擦りすぎて、歯のエナメル質が取れてしまうこともありますので、食事の後の本格的な歯みがきよりも簡単なものにするといいでしょう。
 
もう一つのおすすめは、お水や緑茶を飲むことです。
決してミカンや桃などのフレーバーが入ったお水を飲んではいけません。
フレーバー入りは必ず糖分が含まれているので、純粋なお水を飲んでください。
 
その際、冷たくしてしまうと、内臓を冷やしてしまいますので、常温で少しづつ飲むようにしましょう。
 
そうすることで、お腹に何か入っている感覚で食べたい衝動も抑えられます。
 
太りやすい食べ物は、本当に美味しいものばかりですよね。
ダイエット中は、誘惑が多いと思いますが、なるべく太りやすい食べ物には出会わないようにする努力も必要です。
 
食事は自炊をする、お弁当を持参するなどして、太る食べ物に出会う回数を減らしていきましょう。